夕飯は、おかず何品が良いの?みんなはどうしているの?

健康に留意している。家族がいる、子供がいるので

栄養バランスを考えた献立をと思っている。

そんな人は、おかずってどの位作ればよいの?

何品作ればよいの?と思う人も多いのでは?

では、どうすれば良いのかと言うと…

 

食事

 

「ごはん全体量ってどのくらいが 良いんですか?」

という、質問を受けることがあります。

 

家庭によって、ご飯の量だったり、 おかずの量が違かったりします。

小さい頃の食スタイルが、当たり前って思いますよね。

 

お母さんが、どうやってご飯を食卓に出していたかによって、 随分違ってくる。

お母さんが、おかずを沢山作っていた家庭なのか?

 

朝、パン食だったのか?

小さいころから朝ごはんは食べていないって人は、

それが大人になっても習慣になっていたり。

 

母の影響は大きいんです!

 

私は、その答えに、

雑穀ご飯に、具だくさん味噌汁を基本に食べ、 おかず1品でオッケー

と、お伝えしています。

 

「え??それだけ?」 と、思う方もいるかもしれません。

 

そしたら、もう1品副菜足してください。

働く忙しい一人暮らしの、OLさん。 毎日やることいっぱいのママ。

 

一汁三菜にしましょう

おかずは、30品目をって言われたら、 実践し続けられますか?

(今は、30品目って言われないけど、昔言っていましたよね。)

続けられるのか?ってミソです。

 

一汁三菜・・・ごはん、汁物、おかず3品(主菜1品に副菜2品、ですよ~)

(私は、出来ない。。。私はです。)

 

雑穀には、現代人の不足しがちな栄養素(ビタミン、ミネラル、食物繊維など)

がたっぷり入っているので、

 

 白米などの米に、雑穀をたっぷり入れてあげれば、

副菜を何品もそろえなくても栄養をしっかりと補えるんです。

 

そして、みそ汁に具をたっぷり入れているので、
それが、おかず1品って感じになります。

 

この方法をお伝えして、実践している方に聞くと、

「ごはん作るのが、楽になりました!」 とおっしゃる方が多いです。

 

結婚されている方は

おかず、1品だと少ないって旦那さんに言われそう…。

って言う人もいると思います。

 

そうしたら、言われるのがイヤならもう1品つければ良いし、

大変だったら、つけなきゃ良いし、

もう、自分次第です。

 

栄養は、足りているんだよということを、

伝えることも大切かもです。

 

毎日のことだから、

簡単でいて、美味しい栄養たっぷりの食事が良いですよね!

 

ぜひ、実践してみてください。

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江
※4月30日~5月6日まで雑穀の発送をお休み致します。
ご注文を受けたのもは、5月7日以降に発送致します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*