毎日のごはんは、一汁一菜。

シンプルで楽ちんです。

しかし、栄養はたっぷりになるように

作っています。

 

白米には、栄養たっぷりの雑穀を入れて、

味噌汁には、旬の野菜をたっぷり。

 

ただ、ずっと一汁一菜では、

飽きてしまうので、

 

週末は、外食に行き、

ごちそうを食べる。

食べたいと思ったものを食べる。

 

そうすると、

そのごちそうの、美味しさが倍増します。

 

タワーマンションの高層階に住んでいる人が、

素晴らし景色を、日常の当たり前のものに

感じるようになるみたいに、

(タワーマンションに住んでいる、知人曰く)

 

ごちそうも、毎日のように続いていたら、

当たり前のものになる、ありがたみが無くなります。

 

だから、ごちそうはたまにが丁度いいです。

体にも優しいです。

 

そして、毎日のシンプルな食事では、

手間暇かけて、こだわって作られた、

 

調味料、お米、雑穀、野菜を

なるべく食べるようにしています。

 

味噌は、樽で何ヶ月もかかって作られた、

天然醸造のものを。

 

雑穀は、キレイな粒を保つように、

手でブレンドされたものを。

 

野菜も、野菜のうまみがぎゅっとつまった

ものを。

 

こだわって作られたものは、

手間暇惜しまず、作られたものなので、

 

少し高いかもしれません。

でも、その手間暇を考えたら、

決して、高くはなくて、

安いとさえ感じる。

 

今は、もっと簡単にできる時代に、

昔ながらのとか、素材の味を生かしてなど、

 

伝統を守って作っている方々に

感謝したいです。

 

細胞から喜ぶようなものを、

はやり、日常は食べていきたい。

 

毎日の食事がシンプルだからこそ、

素材の味に敏感になり、

自然な旨味がわかるようになり、

 

生活や、思考もシンプルにしていこう

って、気持ちになっていきます。

おすすめの記事