ここ数年、ごはんを控えていた方が、

食実践スクールを受けて、3ヶ月後の体の変化が

すごかった。

最初は、一番心配な方でしたが‥。

 

3ヶ月で、食のことを学び、

実践していく、食実践スクールを受けた方の変化

がすごく、食の力はすごいなと感じています。

 

 

今まで、ごはんを控えてきた方の変化です。

 

ごはんを、控えてきた、

糖質制限をしてきた方なら、

 

感じたことがあると、思いますが、

たまにごはんや麺類を食べると、異様に眠くなる。

だるくなる。

 

そうなると、やっぱ糖質を控えないといけないと、

思ってしまう方もいそうですが、

 

そんなだるさにも、負けずに、

実践されて、体を整えていった方がいました。

 

最初、小さい雑穀おにぎりを1個食べたら、

次の日まで、だるく眠くて仕方がなかったそうです。

 

でも、少しずつごはんを多くしていきました。

そうすると、体も慣れてきて、

眠気も、だいぶ無くなってきました。

 

そして、3ヶ月後には、他の誰よりも、

一番効果を発揮していました。

 

悪くなったような、体の変化にも負けずに、

信じて、実践していった賜物です。

周りの人からは、

「痩せたね!」

「肌キレイになった!」

 

と、言ってもらえることが多くなったそうです。

今までよりも、食べるようになっての変化です。

 

 

ごはんを控えていて、でもお菓子を食べていたという、

ことでしたが、

 

ごはんを多くしていったら、

コンビニで毎日のように食べていた

お菓子がいらなくなり、

 

体も順応していき、

血糖値も、安定していきました。

 

以前は、極端にごはんを減らしたり、

食べない生活を、長年送っていたので、

 

血糖値が乱れていたそうです。

血糖値の上がり下がりを、体が敏感に感じていたそうです。

 

でも、コンスタントにごはんを取りいれるように

なってからは、感覚的に血糖値が安定した実感を

されたようです。

 血糖値が上がるから、炭水化物を控える、

血圧が上がるから、塩分を控える。

 

そうしないと、いけない方もいるかと

思いますが、

 

そうでない方は、

普通に食べていくことを、オススメします。

炭水化物も、たんぱく質も、脂質も

どれも大切。

 

どう、取り入れていくかが、重要。

そんなことを、講座ではしっかりとお伝えしています。

 

体の土台を、整える。

地味なようで、一番効果的なことなんですよね。

 

3ヶ月で、体を変えて行きませんか?

食実践スクール募集中

おすすめの記事