1人のときは、あまり考えなくても

子供が出来ると、食事バランスを考える

ようになる人は多いです。

 

でも、バランスよく、ごはんを作れているのかな?

と、思うことありますよね。

よく、1日30品目サラダ、

30品目弁当など見かけますが、

 

品数が多いほうが、

バランスがよさそうなイメージないですか?

 

たしかに、それが強調されているお惣菜も

あるし、品数が多いほうが、いろいろと

食べられて、バランスが良さそうですよね。

 

以前は、国の方針として、

「1日30品目」が推奨されていました。

 

しかし、今は飽食の時代です。

30品目食べようというのは、言われていません。

 

30品目、揃えようとすると、

たくさんおかずを揃えたり、

野菜を買わないと、無理ですよね。

 

作るのが、大変となると、

お惣菜を買うことにも、なりそうです。

 

30品目そろえるとなると、

おかず中心になります。

 

おかず中心ということは、脂質が多くなり、

塩などの調味料も、たくさん使うことになります。

脂質過多は、内蔵脂肪が付きやすくなります。

 

反対に、品数が多すぎるのは

バランスが崩れる傾向にあります。

 

なので、今の飽食の時代には、

30品目を目指さなくても良いです。

 

品数が少なくても、バランスの良い食事は?

毎日の食材を質の良いものを使い、

旬のものを、取り入れるようにしてください。

 

たとえば、調味料ですが、

味噌で例えるなら、

しっかりと長い時間発酵、熟成された、

天然醸造の味噌をつかう。

 

天然醸造の味噌は、とっても美味しいのです。

少し割高ですが、少量でも美味しいので、

結果高くはないですし、お料理上手になります。

 

みりんも、みりん風味ではなく、

みりんと書いてあるものを選ぶ。

 

塩も精製塩ではなく、

ミネラルたっぷりな、塩を選ぶ。

 

旬のものは、

例えば、夏なら、トマト、きゅうり、

冬瓜、

 

冬なら、根菜類が豊富です。

 

旬のものは、栄養がたっぷりと含まれています。

 

それだけで、グンと栄養価がアップします。

 

そして、みそ汁を具だくさんにする。

白米に雑穀を加えると、不足しがちな、

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に

摂れます。

 

例え、ごはん、みそ汁、おかず1品の

一汁一菜でも、

1つ1つの食材、調味料を、質の良いもの、

栄養価の高いものを選べば、

 

バランスの良い、食事になります。

 

「バランス良くしないと」と言って

おかずを沢山作っていた方に、

これらの事を、お伝えすると、

 

「食事を作るのが楽になりました!」

と、ご感想を頂くことが多いです。

 

時には、おかずを沢山作るごちそうを楽しむ日。

普段は、品数が少ないけれど、

栄養たっぷりな食事を。

 

そんなメリハリをつけた、

食生活を、送っていってください。

毎日の食事は、自分にとって楽ちんに出来る

スタイルを、作ると良いですね。

おすすめの記事