ダイエットでも、体質改善でも、

ホディメイクでも、

 

早くに結果を、追い求める人が多いなと感じます。

早くに結果を求めすぎ

早くに結果がでるに、越したことはないのですが、

少しやって、思うような効果が無かった、

 

では、次。

 

効果無かった、次。

 

では、なんだか、もったいないです。

 

私たちの体は、約60兆個の細胞で出来ていて、

その入れ替えをしていくには、

時間かかります。

 

この食事方法が良いと決めたなら、

最低3ヶ月、オススメは6ヶ月は続けてみたい所。

 

本当は、ずっと続けるのがベストだし、

ずっと続けられないような食生活は、

そもそもオススメしないのですが‥。

 

 

巷でも、3ヶ月で劇的変化〜

なんて、ビフォー・アフターがテレビや、雑誌で

紹介されていると

 

こんなに変化するんだ〜って、

ついやってみたくなります。

 

しかし、テレビで紹介されている人は、

相当な努力をしています。

 

ましてや、芸能人だったら、なおさら。

仕事ですからね。

 

しかも、あれほど肉体改革し、かっこいい体になったのに

リバウンドしているよね?って言う人多いですよね。

 

 

まずは、最低3ヶ月続けてみる

 

だから、自分がこれと決めた食事方法、

少し根気よく続けてみませんか?

 

すぐには、変化を感じないかもしれませんが。

それでも、根気良く。

 

(反対に、体調が優れなくなった等ある時は、

やめる選択もありですが)

 

私がオススメしている食事方法は、
雑穀ごはんと、みそ汁を軸として食べようと

お伝えしているので、

 

特別変わったとこは無いのです。

食べてはいけないものは無いので、

ストレスフリーです。

 

オシャレな、ドリンクを飲むでもなく、

インスタ映えする、キレイな野菜たちを沢山食べるでも

無いんですが。

 

 

じわじわと効果を発揮していきます。

リバウンドしないです。
(当たり前ですが

その食事法をやめて、元の生活に戻ったら、

リバウンドします)

 

お通じがよくなり、

腸内環境が良くなります。

(女性は、腸の病気増えているので、

腸をキレイにするは、大切です)

 

腸がキレイになり、

免疫力アップして、

インフルエンザや、花粉症などになりにくい。

 

 

体力が付いて、元気になる人が多い。

(これは、皆さんおっしゃるのですが、

体力付きました〜って。

今まで、どれほど食べていなかったのか?

必要な栄養を摂っていなかったのかが伺えます)

 

 

私は、今まで特に運動をしてこなかったのですが、

お腹痩せ、スッキリした体を、食事のみで

手にいれることが出来ました。

 

40歳からは、運動も入れていきたいと思う

 

ただ、女性は筋肉が男性と比べると少なく、

付きづらい。

 

やはり、適度な運動やトレーニングも

必要かなと、

 

40歳を目前とした今、

切に思っています。

 

筋肉は、しなやかな体を作ると共に、

いつまでも元気でいれる1つの要素です。

 

食事×運動の組み合わせは、

ベストかと思います。

 

(しかし、ストレスを抱えながらの

ストイックな運動はオススメしません。

 

好きでやっているなら良いのですが、

ダイエットの為の無理な運動は、

やはり続かくなります)

 

運動するなら、食事を控えずしっかりと食べるの

が必須です。

 

特別な運動するのも良いのですが、

普段の行動量をまずは、増やすことをオススメします。

 

駅は、階段を使うとか。

家の拭き掃除を、するとか。

 

そのうえで、トレーニングやヨガなど加えるのが

ベストですね。

 

 

元気に行動出来ると、

やりたいことの出来る自分でいれるし、

体調が良いと、メンタルも安定します。

 

程よいスタイルを維持していけたら、

オシャレも楽しめるし、

体のメンテナンスを、いつまでもしていきたく

なりますよね。

 

 

40代は、自分のメンテナンスをやるか

やらないかで、

 

2極化していきます。

 

人間観察をしていても、

性格は、人相に現れ‥、

努力は、ボディラインに現れ、

生きがいは、若々しさに反映しているようです。

 

 

せっかくだったら、年齢を理由にしないで、

やりたいことをやっていく人生で有りたいし、

 

ボディラインの崩れを

年齢や、出産のせいにしないで、

改善していきたいなら、行動、実践していきたい。

 

やるかやらないかって、自分次第でもあるし、

誰かのひと押しだったりもします。

 

 

早くに結果を得たい気持ちは、

わたしもありますが、

 

長い目で見て、理想的なわたしになるために、

何事も、長期的にも物事を見れる目を養って

いきたいものです。

おすすめの記事