冷え性なのに、冷えるものを毎日食べていないですか?

テレビで、この食材が良い!と放送されれば、
スーパーから、その食材が消える日本。

健康になりたい!
健康を維持したい!
綺麗になりたい!

こうゆう思いがあるのだと、思いますが…

 

テレビに影響されすぎ、
メディアに影響されすぎと、感じます。

 

食材自体が良い、悪いではないです。
100%、良いものは存在しません。

 

良いものにも、短所があり、
悪い物にも、良いところがある。

(まるで、人のようです)

 

使い方が大切です。

 

たとえば、トマトのリコピンが良いと言って、季節問わず食べる。
バナナが、お通じに良いと言って、朝は毎日バナナ1本。

 

 

自分自身は、冷えていない?
冷え性又は、低体温なのに、冷える食材を季節問わず毎日は、

控えたほうがよいです。

冷えが、悪化します。

 

何が大切か?

 

わたしに合った、季節に合った、地域に合った、
年齢に合った、そんな食べ方、選び方が大切です。

 

日本人は、影響されやすいんですね。
ある意味、素直なのでしょうか。

 

(そう言っているわたしも、影響はされますが、
これと決めて食のことを学んでいると、ブレても
すぐに戻れます)

 

テレビ、メディアでの情報は、
1つの視点での情報であって、

 

全ての人に当てはまらない。
1つの答えには、ならない。

 

ということを、覚えていて欲しいです。

 

ぜひ、参考程度に情報をキャッチしてみてくださいね。

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*