私は、食べるダイエットを提唱していますが、

食べるダイエットって、どんなことなの?

 

食サポートを終えた方たちは、

「こんなに食べても大丈夫なんですね〜」と

言ってくださる方が多いです。

 

しっかりとした量、満足するまで食べているのに、

お腹はへこみ、体調も良くなる食事法だから、

嬉しい方法だな〜って思います。

 

巷では、食事を少なくする、サラダ中心、

〇〇に置き換える、

何かを制限するダイエットが主流です。

 

SNSを見れば、3ヶ月でマイナス9kg〜!!

とか、しょっちゅう見ます。

 

 

それだけ需要もあり、短期に効果を発揮する方法は、

注目も浴びるのですが…。

 

それだけ、リバウンドも早いような…。

 

 

海外では、

イギリスが、痩せすぎのマネキンを撤去したり、

フランスは痩せすぎのモデル雇用禁止したり、

しています。

 

なぜかというと、将来の医療費を削減するためなんです。

 

BMIが、18・5未満では、骨粗相症になりやすかったり、

します。

 

日本でも、芸能人をテレビで見ると普通体型かな?なんて

思う人も、実際に見るとすっごく細かったりします。

 

以前に、深田恭子さんを、実際に見たときに

脚がすごく細くて、びっくりしました〜〜〜。

 

テレビで見て、細い人はどれだけ細いのか?と思います。

 

やはり、日本の芸能人やモデルさんは細い人が多いので、

憧れることもありますよね。

 

わたしは、藤原紀香さんのようなダイナマイトなボディ(って言わない?)

に、一度(1日体験でも)なってみたいという、

無い物ねだりをしてしまいます。

(紀香さん、それなりにしっかりと体重ありそうですよね)

 

もともとの筋肉量や、骨太なのか?などで、

同じ体重でも、違って見えます。

だから、体重に振り回されず、参考程度にすることが

大切です。

 

 

特に、35歳をすぎたら体重だけを指標にするダイエット

は、終わりにすることをお勧めします。

 

努力して、体重のみを減らした先に…待っているのが、

骨粗鬆症だったら、イヤじゃないですか?

介護生活になるの、いやですよね^^;

 

わたしは、いつまでも自分の脚で歩ける

一生でありたいと思し、

 

やりたいことを存分にやっていきたい!

まだまだ、これからくらいに思っている^^

 

 

 

体格指数であるBMIが18・5〜24の間

に入っていれば、オッケー。

(体重を減らしたいという人も、

ここに含まれている人は多い)

 

標準体重は、BMI22と言われていて、

最も病気になりにくい体重とも言われています。

 

 

*BMI…体重と身長から算出される

肥満度を表す体格指数

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算

 

(このサイトで、BMIが計算出来るので

ぜひやってみて下さい。

わたしのBMI(体格指数)は??

*体重と、身長のみで割り出されるため

参考程度にしてみてください。

体重が少ない人でも、体脂肪が多い人もいます。)

 

BMI22でも、もっと体重を減らしたいと

いう人は多いです。

(本当は、体重ではなく、筋肉量や体脂肪を

指標にするほうがよいのですが)

 

美容体重と言われる、BMI20位を、下限に

考えると良いかと思います。

 

 

体重が標準でも、体を変えたいなら、

体重を減らすことに、目を向けるのではなくて、

 

筋肉を付けて、体を絞る。

(筋肉は、重いので体重は減らないし、

逆に増えることもあります)

 

体脂肪、お腹周りを減らすような食事をする。

など、ボディメイクをするほうが良いです。

 

シルエットが、どうなっているか?がガギですね。

 

わたしが、お伝えしている「食べるダイエット」は、

幸せになる、健康的になる食事方法です。

 

日本では、ダイエット=体重を減らす図式ですが、

そこではないです。

 

食べるダイエットをしていると、

体が元気になるばかりでなく、

 

お腹周りもスッキリ、内臓脂肪もつきにくくなる。

(体重が多い方は、その人にとって適正な体重になる)

 

結果的に、ヘルシーなダイエットになっているのかな?

って、そんな感じです。

 

食べないダイエット、糖質制限など何かを控えたダイエット

をしてきた方たちの、食のサポートもしていますが、

 

体が元気になりだし、パワーがみなぎってくると、

自分の体愛おしい〜!

気持ち良い〜!

 

ずっと、この食事方法をやっていきたいって

言ってくれる方が多いです。

 

体重の増減に一喜一憂しなくなるので、

食事を思う存分、楽しめるようにもなります。

 

私のお伝えする食事方法は、何も難しいことはなく、

食べるダイエットと言っても、

 

沢山の食材を食べないといけないとか、

グラムを計らないといけないとか、

 

そういう方法ではないので、

 

一生続けられる、ストレスフリーの食事方法かと思います。

 

ぜひ、今だけを見るのではなく、

長い目で見て、続けられる食方法、

 

いつまでもやりたいことを、やっていける

私になるような食事方法を、続けてみてくださいね。

おすすめの記事