年末年始は、楽しいイベントがたくさんあって、

美味しいものを食べる機会が多くなりますね。

太りたくないな〜という気持ちもあるけど、

 

でも思いっきり楽しみたい!と思いますよね。

 

忘年会、クリスマス、お正月、帰省、旅行にと、

イベントが盛りだくさんな年末年始。

 

美味しいものを満足するまで食べ、

仲の良い仲間たちとワイワイし、

家族水入らずで、ご馳走を食べる、

 

楽しいひとときですよね。

こんなに食べたら太るかな?と脳内によぎりますが、

ま、楽しいし良いか〜!なんて思います。

 

そして、年末年始が終わると…。

 

体重がやっぱり増えた〜!なんて人は多いのでは。

私も、旅行、年末年始などご馳走をたっぷり食べたら、

2〜3kgは多くなっています。

 

でも、楽しめた証かなとも思います。

ご馳走を食べれるのに、こんなに食べて良いのかな?

太るよね?なんて思いながら食べるのは、楽しくないですし。

 

ご馳走を食べたその後の食事方法が大切!

ランチで、ビュッフェを食べた。

ご馳走をたっぷり食べた。

 

その日の夜ごはんは、みなさんどうしていますか?

 

沢山食べたし、お腹空いていないから、

1食抜かす?

サラダのみたっぷり食べる?

具沢山の食べるスープを飲む?

 

いろいろと出てきそうですが、

 

1,2回くらいそのような食事をするには影響がないとは

思いますし、

本当に食べすぎて、苦しいのならそのような食事になることも

あると思いますが、

 

 

ご馳走を食べた後、そのような食事を毎回のように行っていると、

余計に太りやすい体になっていきます。

 

 

「え〜!それが良いと思ってやっていたのに」と

思いますよね。

 

確かに、カロリーだけで見たら、

サラダのみ、スープのみ、

食事を抜かすことをすると、

 

カロリーは控えられて、

帳尻が合う気がしますが、

 

そんなに体は、単純ではありません。

 

食べたり食べなかったり、

極端にカロリーが少なかったり、

そんなどったんばったんしたような食べ方を

続けていると、

 

体は、省エネ体質になってきます。

 

3食コンスタントに、食べ物を入れてあげるのが

大切になります。

 

 

例えば、ランチはたくさん食べたから、

夜は食事を抜かしたとしたら、

 

朝まで、何十時間も食べ物が入ってきません。

 

朝にやっと食べ物が入ってきたと思った体は、

その食べ物を溜め込もうと必死になります。

 

この人は、いつ食べるかわからない。

食べたときに、めいっぱい溜め込んでいこう!

と、体は、溜め込み体質、そしてあまり消費しないように

省エネ体質になろうとしていきます。

 

生きるための術なんですね。

 

食べないだけではなく、サラダのみスープのみにも言えます。

 

こうやって、基礎代謝というものが落ちていきます。

 

沢山食べた後の食事はどうしたら良いの?

旅行で、外食でおかずをたっぷりと食べた後の食事で

日本人にオススメなのは、

ごはんと野菜たっぷりみそ汁を飲むことです。

 

え??ごはんって太ると思っていたから、

夜はごはんを抜かす食事をしていたのに。

 

と言う方も多いのですが、

 

日本人は、脂質を多く摂ると、

内臓脂肪が増えるのです。

 

おかず中心に食べてしまうと、

脂質が多くなり、脂肪がつきやすくなります。

 

日本人の肥満の増加原因は、

脂質の摂取量、特に動物性脂質の相対的な増加にあると

みられています。

 

(脂質が多くなる原因の1つに

ごはん(米)を抜かすことがあります。

割合的に、脂質の量が増えてしまうからです)

 

おかず中心に、脂質の多くなるようなランチを食べたのなら、

夜は、ごはんと野菜たっぷりみそ汁のシンプルスタイルで

十分です。

 

ごはんは、しっかりと200㌘くらいとってオッケーです。

みそ汁も具だくさんに、豆腐やお肉など少し入れても良いですね。

 

カロリーも取りすぎることなく、でも少なすぎず、

満足するまで食べることができます。

 

ごはんと、みそ汁だけ??

おかずを抜かすと、タンパク質が少ないと

思うのですが…と聞こえてきそうですが、

 

ごはんは、炭水化物だけというイメージの人が

多いのですが、

タンパク質も含まれています。

 

魚や、肉より含有量が少ないのですが、

 

実は、日本人のタンパク質摂取量は、

肉、魚に次いで第3位が米なんです。

(27年度、国民健康・栄養調査厚生労働省より)

 

米が主食である日本人にとって、

米はタンパク質の摂取源でもあるんですね。

 

米は、太るとか栄養が無いとか言う人も

いますが、

 

食べ方を工夫すれば、素晴らしい食材です。

(白米でも良いですが、オススメは雑穀ごはんや

胚芽米など、ビタミン、ミネラル、食物繊維が

たっぷり入っているものです)

 

最後に私の実践方法は?

わたしは、小さいこどもがいるので、

楽しんでくれると思い、クリスマスに

クリスマスビュッフェに行きました。

 

ビュッフェって、いつもより多めに食べてしまいますよね^^;

はい、私も食べすぎました。

 

その日の夜は、

ごはんとみそ汁のシンプルスタイルにしました。

食べていてホッとしました。

雑穀ごはんとみそ汁

ビュッフェ後に食べた「雑穀ごはんとみそ汁」

 

食事を抜かすことなく食べているので、

体も心も満足します。

 

食べすぎた日は、たしかに体重だけで見たときに

増えてはいるのですが、

脂肪が増えているわけでは無いので、

太ったわけではありません。

 

体をリセットする意味を込めて、

 

食べすぎた次の食事は、

ごはんとみそ汁を食べます。

 

朝には、お通じもしかっりと出るし、

その2キロ分増えたものは、

なかったことになります^^

 

カロリーだけで見ないで、

ぜひごはんとみそ汁を味方につけて、

食生活を続けていってみてくださいね。

 

おすすめの記事