暑い夏、どんなものを食べることが

多いでしょうか?

冷やし中華、そうめんと、

ひんやり夏にぴったりなものがありますが

 

わたしは、それらをこの夏食べていない

ことに気づきました。

暑いと、ひんやりしたものを食べたく

なりますよね。

 

実家にいたときは、

冷やし中華、てんぷら付きそうめんなど

良く食べたものです。

 

てんぷらをサクッと夏に揚げていた

お母さん、今考えると、すごいと感じます。

 

今でもあるのですかね?

色付きそうめん。

 

そうめんに、少しだけ

ピンク、緑の麺が入っていると、

 

姉妹で取り合ったものです^^

 

冷やし中華も、とっても好きでした。

マヨネーズを、添えて食べるのが好きでしたね。

これも、家庭によってですか??

 

 

自分で食事を作るようになって、

夏は、どんなものを食べているのかな?

と、振り返ってみたら‥。

 

冷やし中華や、そうめんを食べていなかった!

ことに、気づきました。

 

ごはんと、味噌汁を中心に食べています。

そう、この暑い夏も。

 

レッスンや、個人での食のサポートを

行っていると、

 

「夏は暑いから、ごはん(お米)を

食べる気がしない」と

言う方が、少なからずいます。

 

たしかに、ツルッと冷たい麺のほうが

食べやすいし、パンをサクッと

食べたほうが、食べやすいのかもですね。

 

でも、朝からごはんを食べると

お腹が満たされ、

 

仕事もはかどる、

パワーがみなぎる、

夏バテ知らず。

 

です。

 

夏の不調の原因の1つに、

栄養不足がありますので、

夏もしっかりと食べることが大切ですね。

疲労回復に効果的な栄養素と食材は?

 

【ビタミンB1】
ビタミンB1は、ご飯などの糖質をエネルギーに変え、
体内で疲労物質に変わるのを防ぎ、代謝を促す効果があります。
・おすすめ食材:豚肉・うなぎ・豆類等
・あわせておすすめ:ビタミンB1の吸収を良くするアリシン

にら・にんにく・たまねぎ等

 

【クエン酸】
クエン酸は疲れの素となる乳酸を分解するので、疲労回復に効果的です。
酸っぱいものに多いです。
・おすすめ食材:梅干し・酢・かんきつ類等

 

基本はバランス良く食べ、夏に不足しやすいタンパク質、

ビタミン、ミネラルを摂ることです。
良質のタンパク質には、乳製品・卵・肉・魚・大豆類があります。

 

 

わたしは、夏でも

常温のものか、カフェなどでは

寒いので、温かい飲み物を頼みます。

 

冷たい飲み物を頼むとしたら、

氷少なめにしてもらいます。

 

だた、ビールなど飲むときは、

気にせず、飲んでいますが!

 

何事も、メリハリです。

 

 

オススメの、栄養素がありますが、

ようは、バランスよく

なんでもいただくことが、

 

夏も大切ですね。

 

もう少し、暑い日が続きますが、

この暑い夏を乗り切るためにも、

 

しっかりと栄養をとっていきましょう。

 

おすすめの記事