毎日、忙しい中、いろいろなことを時短できるなら

したいと思いますよね。

 

でも、その半面、ゆっくりとした時間を過ごす。

5分でも、ハーブティーをゆっくりと飲む時間など

も作っていきたいと思うのです。

 

料理本コーナーに行けば、時短料理、

テレビでも、時短料理を紹介する番組を

見ることがあります。

 

忙しい中で、いかに時短をすることが、

求められているんだなと、

感じます。

 

わたしも、家のこと、子育て、仕事と

やること満載。

 

時短、できることはしていきたい。

(ルンバも欲しい・洗浄機も欲しい・洗濯たたみどうにかしたい(心の叫び!!))

 

しかし、料理はあまり時短したいとは、

思わないのです。

 

もちろん、時短できること、

楽ちんにできることに越したことは

ないし、実践していることもあります。

 

レンジで15分加熱で調理とか、

生姜の代わりに、チューブの生姜を毎回のように使用とか、

市販のタレを、味つけ変わりにするとか。

 

もちろん、それらは時短になるし、手間も省ける。

 

たまになら良いのですが、

毎回、時短のためにってなると‥。

 

温めにレンジを数分使う分には、わたしも

便利なので、使っていますが、

 

調理のために、15分とかはどうなのかな?

食材の品質、保てているのかな?と思うし、

 

生姜も、チューブより、

生姜を刻んだり、

すりたてを使うと、とても美味しいし、

料理の旨さもグンと上がる。

 

市販のタレも、美味しいけど、

こだわりの醤油、みりん、みそ、塩、

 

これらを、組み合わせて使うと、

とっても美味しいし、薄味でも満足ができる。

 

時短ばかりするのではなく、

食材の力をいただく、

手間をかけてみることも

大切なのではと思います。

 

わたしは、毎日の食事はとてもシンプルです。

 

おかずを何品も作るわけではないので、

レンジ調理などでの、時短調理をすることはあまり無いです。

 

 

おかずを多く作らない分、1品1品を、質の良い、栄養の濃い

ものにしています。

 

お米には、たっぷり雑穀を入れ、

味噌汁は具だくさん。旬の野菜を入れて。

 

あと、1品は、焼く、炒める、蒸すなどで調理。

 

もちろん、忙し過ぎた‥。

疲れ果ては‥。なんてときは、

 

おかずを市販のものにすることも、たまにありますが、

平日は、基本1汁1菜の手作りにしいています。

 

休日は、休みモードになり、

外食が多いです。

 

そんなメリハリのある、食生活が

手作り料理も、面倒にさせずにいれるのかなと

思います。

 

カラダは、食べているものでできている。

そう思うと、優しい手作り料理を、

簡単でいいので、愛情を込めて作っていきたいと

思います。

 

おすすめの記事