先日、学生時代にアルバイトをしていた、

ケーキ屋さんが、閉店するということを耳にして、

久しぶりに訪れました。

 

かれこれ、20年ほど前でしょうか?

個人で経営されている、地元で美味しいと評判が良い

ケーキ屋さんで働いていました。

 

キラキラキレイなケーキを、眺めているだけで、

幸せな気持ちになったものです^^

 

小さい頃のわたしの夢は、ケーキ屋さん^^

(幼稚園のバースデーカードに書いあった)

 

進路を考えるときも、パティシエになりたいなと

思うこともありました。

 

と、パティシエにはならなかったのですが!

(当時、栄養科を本気で辞めて、製菓専門学校に

行こうと企てたこともあったのを思い出した)

 

そのケーキ屋さんのケーキは、

甘さ控えめで、パクパクとたくさん食べられてしまう、

とっても美味しいケーキです。

 

販売だけでなく、パティシエのお手伝いもたまに

していました。

 

大量生産ではないので、

手作業でやることもとっても多くて、

 

そばで見ていて、すごいなと思うとともに、

体力勝負の仕事だなとも、思いました。

 

休みも、当時1ヶ月で数えるほど。

(従業員の方は、休んでいたと思いますが、

お店のマスターは、働きっぱなしだったような)

 

そのバイトをしていたケーキ屋さんも、

今月で、閉店するということを聞き、

 

久しぶりに、ケーキを食べたいと思い、

思い立って、行ってきました。

 

当時一緒にバイトをしていた子を誘い^^

 

 

久しぶりにいった、ケーキ屋さんは、

佇まいも、変わらずでした。

 

ケーキは、当時と変わらないものもあれば、

見たことのないケーキもありました。

 

少しずつ、進化していました。

 

なんだか、とても懐かしい、切ない気持ち

になっていました。

 

ケーキを買い終えて、

店主のマスターを、呼んで頂きました。

 

久しぶりに会ったマスターは、

年取ったな〜と思いましたが、

 

冗談交じりの、話口調は健在で、

「佐野どうしているかな〜なんて時折はなしていたよ〜」

なんて、言っていて嬉しく思いました。

 

 

 

大量生産ではなく、

地元密着の、地元に愛される美味しいケーキをずっとずっと

作り続けてきた、マスターの姿を見て

 

「かっけー」(かっこいい)と思いました。

辞めてしまうということもあり、

涙がでてきました。

 

おっきなことをすること、

全国展開していくこと、

有名になって、テレビにでることなども、

すごいかもしれないけど、

 

マスターのように、

大量生産じゃないからこそ、

手の行き届いた、こだわりの部分をもち、

 

地元に愛される美味しいケーキを、

やれることろまで、作り続けてきた姿は、

本当にかっこいいと思いました。

 

人それぞれ、いろいろな道がある。

 

自分が納得する、

こだわりを、貫けるような人生を、

歩んでいきたい!と、

 

マスターの歩んできた道を見て、

そう思いました。

おすすめの記事