雑穀の選び方と、栄養素と効果は?管理栄養士がお伝えします

今って、日本に居ながらにして海外の食事を楽しめ、便利になり、

美味しいものを食べれる、飽食の時代になった反面、

私たちにとって大切な栄養素が摂りずらくなり、現代型栄養失調と

言われる程になりました。

 

昔から日本で食べられていた雑穀が今、注目を浴びています。

米や料理に、雑穀を入れると、栄養価がアップするその理由とは??

 

雑穀ってそもそも何?

雑穀とは、主穀以外の穀物の総称です。

ひえ、あわ、きび、ごま、そばの実、大豆等。

 

雑穀

 

雑穀は、岩手などの寒い地域でも育つ生命力の強い植物です。

 

日本での雑穀の歴史は古い 紀元前3000年前から食べられていた!

縄文時代の人々は、米、雑穀など食べていたと言われています。

日本では、古くから大切な穀物を五穀と呼んできました。

五穀豊穣という言葉がありますね。

 

古事記に、神の体から 稲、粟、小豆、麦、大豆が生じたと記されています。

日本書紀に 粟、稗、稲、麦、大豆、小豆と記されています。

 

日本人にとって、五穀は神聖なるものということが伺えます。

日本人の根っこには、五穀があるのです。

 

昭和30年頃、雑穀は沢山作られていましたが、

戦後の高度経済成長と共に、激減し、作付け面積はここ100年で

1000分の1に減少しました。

最近では、すこしずつですが拡大しています。

 

雑穀の日本の自給率は、わずか9パーセント

今では、雑穀の良さが見直され、ヘルシー料理のお店で雑穀ごはんが食べられたり、

スーパーマーケットでも、雑穀がパックに入って売られています。

しかし、90%以上が輸入に頼っています。

国内自給率は、なんと9%なのです。

 

虫や、カビがつかないように、海外から運んでくるときに、ポストハーベスト農薬をまきます。

(ポストハーベスト農薬とは、収穫後の農産物に直接散布する殺菌剤、防かび剤)

悪くならないようにするために、仕方がないことですが、どうせ食べるなら、品質の良い、

安心、安全なものを食べたいですよね。

 

国産の雑穀を選ぼう

ポストハーベストなどの視点からも、国産雑穀をお勧めします。

そもそも日本人には、日本のものをお勧めしたいです。

 

商品のラベルに、国産と書いてあるから、すべて国産のものとは

限りません。

 

ブレンド雑穀には、国内でブレンドすれば、

海外のものが入っていても、国産と言えるからです。

 

「あわ」など、1種類しか入っていない雑穀なら岩手県産など生産地が

書いてあるので、国産のものか確認できます。

 

 

雑穀の選び方は?

国産雑穀がお勧めですが、その他の良い雑穀の選び方は、

 

☑雑穀を酸化させない、風味を損なわないように、

保存状態の良いもの、袋の中に空気が入っていない、

脱気された袋に入り、脱気剤が入っているもの

☑粒がキレイ、粒が欠けていない

☑水に沈む(新鮮な雑穀は水に沈む)

☑冷めても、美味しい

などがあります。

 

スティック雑穀を1本いれるだけ、簡単
って、スティック状のものを使っている人も多いですが、

それは、空気にさらされていませんか?

 

雑穀自体、抗酸化力が高いのですが、

空気に触れる時間が長いと、酸化しやすくなります。

(抗酸化力…活性酸素の働きを抑制)

 

袋は、雑穀と袋の中に空気を含まないピチっと脱気しているものを選び、
脱気剤が入っているものをぜひ、選んでくださいね。

 

雑穀は、古米OK。管理がきちんとされていないことも多いのです。

機械で攪拌して袋詰めしている場合も多いので、粒がかけてしまい、酸化が進みます。

 

そのような雑穀だと、おいしさも栄養効果も半減。

せっかく食べるなら、しっかりと品質管理されているものを取り入れたいものです。

 

雑穀の嬉しい栄養素と、効果とは?

冒頭で、現代型栄養失調が、日本には多いとお伝えしましたが、

ビタミン、ミネラル、食物繊維等の栄養がきちんと摂れていない為に

起こる、栄養失調のことです。

 

症状としては、代謝が悪くなり、内臓脂肪がつきやすくなる。

疲れやすい、不定愁訴などの症状がある等です。

 

雑穀には、現代人に不足しがちな、ビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり入っています。

ポリフェノールが豊富な、雑穀もあります。

 

なので、米に雑穀をプラスして炊く、料理に入れるだけで、栄養価がアップします。

白米は玄米から精米され、ぬかを除去するのでビタミン、ミネラル、食物繊維が少なくなります。

白米に雑穀を加えることは、とてもおススメです。

 

エネルギー源(炭水化物、脂質、蛋白質)を摂ったうえで、ビタミン、ミネラルを摂ると
体が燃えやすくなり、内臓脂肪のお腹ぽっこりも解消、元氣で、太りにくい代謝の良い体になります。

 

食物繊維をしっかり摂ると、デトックス(解毒)力アップ、お通じがとても良くなります。

腸内環境が良くなり、善玉菌がいっぱいになります。

糖の吸収を穏やかにしたりと、良いことづくめです。

 

つぶつぶしているので、米に入れると、良く噛むようになります。
腹持ちも良いので、お菓子などの欲求も減ってきます。

 

ダイエットにも嬉しい食材です。

 

まとめ

現代人に不足しがちな、ビタミン、ミネラル、食物繊維が

食べ物から手軽に補える、雑穀。

 

いつものごはんに、雑穀を加えるだけで栄養価アップ。

元氣で、太りにくい代謝の良い体を手に入れられる雑穀を

ぜひ、取り入れてみてください。

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江

SNSでもご購読できます。