情報過多な今、極端な方に傾きすぎない方がいい!

数学のように、答えが決まっていれば簡単なのにと

思うこともありますが、そうではないものが世の中には

とても多いですよね。

 

2人の少女
だからこそ、悩むし、考えるし、楽しいのかもしれませんが^^

 

私は、小さいころから肌が弱く、毎日のように痒くて、

それが当たり前になっていました。

 

親も、いろいろしてくれていて、

母は、無農薬の野菜、無添加の調味料を使い手作りごはん。

漢方ものんだし、西洋医学の皮膚科にも行った。

 

小さいころに、粉の漢方をオブラートに包んで、飲んでいたのを

思い出します。

そのままだと、苦いし、オブラートに包むと喉につかえて、

「おえっ」てなるし(^^;

 

痒くない生活って、当たり前かもしれないけど、

それってすごく恵まれているとさえ思いますよ。

 

娘も、肌が弱くアトピーでは無いですが、

冬は、乾燥でかゆかゆ。

保湿をしていますが、ぼりぼり掻いています(^^;

 

そこで、西洋医学の皮膚科に行けば、

ステロイドを勧められますよね。

 

自然派の人は、ステロイドなんてありえないと

思うかもしれないし、

先生は、ステロイドは使い方を守れば安全と言いますよね。

 

ここでも、数学のようにいかない。

人によって、言うことが違う。

 

情報過多の、現代、

情報がありすぎるが故に、迷ってしまう人がとても多いですよね。

 

私は、極端な考えには傾かない人なので、

もし、痒みがひどく、それを抑えるのに必要ならステロイドも

ありだし、

 

でも、良くなって来たら、薬に頼らないような方法でお手入れしていきたい。

 

食に関しても、同じだと思います。

極端な方法に傾きすぎない方がいい。

 

食べたものだけが、自分のカラダになると思ったら、

カロリーを極端に控えるダイエット。

糖質を食べず、おかずは思う存分食べる食事法など、

 

実践できない…。

いや、一度実践してみるのも、ありかなと最近思います。

どうなのかを知るために。

 

ゆるいくらいの考えが(柔軟な考え)が

今を生きていく糧なのかなと思います。

 

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江

SNSでもご購読できます。