世界一簡単な赤ちゃんごはん

赤ちゃんが居るママたち。離乳食はどうしていますか?

やることは、育児だけじゃないし、毎日忙しいママ。

 

こども分とは別に作って、すりつぶして、栄養考えて…

面倒だったりしますよね。

 

わたしは、産後助産院がやっている整体に少し通いました。

おっぱいマッサージもやってもらえます。

 

整体を受けたいという気持ちもありましたが、

話を聞いてほしい~!!という思いが強かったです。

 

何を話していたのか、今となっては忘れましたが、

育児のこと、授乳のことなど、アドバイスをもらっていたと思います。

 

話す事で、ストレス発散になっていたんですよね。

この頃って、赤ちゃんとずっと一緒か、話せるとしたら、旦那さんだけ。

知らず知らずのうちに、ストレスを抱えていたのかもしれません。

 

その、助産院で話に上がったのが、離乳食

「世界一簡単な赤ちゃんごはん」を紹介してもらいました。

その助産院が、出している本です。

http://books.rakuten.co.jp/rb/13036132/

 

 

その離乳食は、世界一簡単というネーミング。

簡単なんです^^

 

大人のごはんから、取り分けて、

潰したり、ハサミで、チョキチョキすればばオッケー。

 

取り分け、離乳食です。

 

なので、私は、離乳食用に作ったことは…ありません。

 

取り分けられるということは、

大人分も薄味にすることがポイント。

汁物は、大人分より少し薄めてあげています。

 

調味料、野菜などにもなるべくこだわりのものを。

 

離乳食は、6か月からあげると、

本などに書いてあるし、実施する人も多いと思いますが、

 

ハイハイが、始まってからでないと、消化吸収能力は、まだ十分でない。

10か月くらいまでは、まだミルク、母乳中心でよいのです。
(世界一簡単な赤ちゃんごはん 宗祥子)

 

離乳食を食べない…

そんなときは、無理にあげなくて、良いということです。

 

ゆるっと育児良いですよ。

 

長い目で見て、離乳食も、実践していきたいですね。

栄養たっぷり、美味しい手作りごはんは、

こどもの情緒安定にも役経ちます。

 

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江

SNSでもご購読できます。