毎週、大地を守る会から、野菜が送られて来ます。

先日、大きなキャベツが来たので、

 

発酵キャベツを作りました。

 

作り方は、至って簡単。

 

キャベツを刻んで、塩と、少しの砂糖を

揉み込んで、密閉できる袋に入れて、

重しをして、何日か常温で置く。

 

だた、それだけ。

 

詳しい作り方

 

日に日に、発酵していく姿を見るのが、

楽しみですよ。

 

 

なぜ、キャベツと塩で発酵するのかというと、

キャベツにもともと付いている乳酸菌が塩に

よって、働き出すから。

 

 

発酵することによって、旨味がグンと増すので、

生で食べるより、断然美味しいです。

 

そのまま食べても良いし、

肉と炒めても良い。

 

パンに挟んで、サンドイッチも美味しい。

 

 

今2歳の娘も、パクパクと食べて、

「これ、おいしいね」と言っていました。

 

(1歳までは、なんでも食べていた娘ちゃんですが、

2歳辺りからは、好き嫌いが出てきて(成長した証拠なのですが)

野菜を食べない娘にとって、発酵キャベツありがたいです!)

 

 

わたしが食べている、発酵キャベツまで狙ってきます。

 

 

常温でおいておくと、ぷくぷくと泡が出てきます。

汁が白っぽくなり、発酵した(酸っぱい)おいがしてきます。

 

この時期で、2〜3日で出来ました。

そのあとは、冷蔵庫で保存です。

 

煮沸した瓶で、保存してくださいと、

あるのですが、

 

すぐに食べ終わってしまうので、

そのまま、ジッパー付きの袋のまま、

保存しちゃいました。

 

とにかく、美味しさが増し、

栄養価もアップするので、

 

ぜひ、作ってみてくださいね。

発酵していく姿を見るのが、楽しいですよ。

 

おすすめの記事