「昔は、何を食べても太らなかったのよ」なんて、

聞くことが度々あります。

 

でも、なんでもかんでも若いときのように

好きなように食べていると…

 

代謝が下がってきた!なんてよく言いますが、

 

それを感じるのは、

同じように食べているのに、

太ってきたときじゃないでしょうか?

 

基礎代謝が下がると

太りやすくなるといいますが、

*基礎代謝は、心臓を動かしたり、

体温を維持したり、なにもしなくても消費するエネルギー

のこと

 

 

基礎代謝は、10代をピークに下がってきます。

だから、太りやすくなってくることは、みな平等に訪れます…。

 

女性は、閉経後はホルモン関係で

より太りやすくはなってきます。

 

そこは、平等^^;

 

 

昔、スリムでいたからこそ、太ってきた人は

受け入れられないところもあるとは思いますが、

 

なんでも美味しい〜ものを食べれる、

こってり脂肪たっぷりのものが食べれる今、

 

食べ方の工夫、ご馳走と普段の食事の

メリハリを付けた、食べ方が大切になります。

 

毎日、ご馳走のようなものを食べていたら、

いくら若い頃太らなかったといえども、

太って来ますよね。

 

だからこそ、若い頃

「何を食べても太らなかったのよ〜」って方も、

 

食べ方の工夫、

何をどのように食べるのか、

ご馳走と普段の食事の

メリハリを付けた食事は必須になります。

 

普段は、シンプルに昔ながらの、ごはん、みそ汁の付いた

定食スタイルで。(ごはんは、雑穀をいれるとベスト)

 

休日など外食に行くときは、

なんでもあり。

 

こってり系でも、洋食でも

おいし〜い
楽しい〜

食べた〜い

って、心から思えるものを選ぶ。

 

このメリハリのある食生活が、

ずっと続けられる食スタイルの秘訣です❢

 

あれこれ、テレビやネットの食情報に左右されずに、

まずは、メリハリ生活を試してみてほしいです。

 

だた、太って来たからと言って、

食べる量を減らす、

サラダ中心の食事にするは、

 

代謝を下げることになるので、注意が必要です。

 

食べなきゃ、痩せる。

 

そう簡単な方程式では、ないのですね。

 

食べないダイエットは、一時は痩せます。

その後、リバウンドで

だんだん痩せにくくなって来ますので、

オススメはしません。

 

食事の量は極端に減らさずに、

満足いくまで食べて、

 

食事の内容を変えるだけで、

 

太りやすくなる体を、

太りにくい体に変えていけます。

 

まずは、食事を見直してみることが大切です。

 

おすすめの記事