• 食生活
    今の食生活で、お通じよい?体温高い??
    2017年9月27日
  • 食生活
    食を選ぶときのポイントは?ストイックになりすぎない♪
    2017年9月20日
  • 食の意識改革
    夜にお米を食べるのに、抵抗が…
    2017年9月28日
  • サポートメニュー
    【銀座】食べるお腹やせダイエットレッスン〜月とダイエット〜
    2018年4月20日
  • 10日間プログラム
    お米を食べなかった私が、ご飯ダイエットでお腹痩せマイナス7cm
    2018年3月29日

ダイエットするとき、
体重ばかり気にしてしまう人が多いですが、

体重をそんなに気にしなくても良い、

その理由は

 

ダイエットするときに、体重が増えた、減ったに
こだわってしまいがち ですが、

そこは、そんなに気にしなくて良い所です。

 

 

体重を気にしなくて良い理由は

 

1日、2日で増えたり減ったものは、

胃の内容物だったり、水分だったり、便だったりします。

 

脂肪が増えたり、減ったりする訳ではありません。

そんな簡単に脂肪は、増減しません。

 

生理前の高温期(黄体期)は、水分をため込みやすいので

体重は増えます。(1~3㎏ほど)

 

だから、どんなときに増えるのか、

減るのかを把握しておくことは大切です。

 

把握しておけば、数キロの体重の増減に、

慌てずに済みます。

 

同じ体重でも、質の良い体は引き締まって見える

 

同じ体重だとしても体組成によって、太ってみえたり、
スリムに見えたりします。

(体組成…筋肉・脂肪・骨・水分など体がどんなもので

出来ているのか)

 

それは、筋肉と脂肪の重さの違いが1つの理由です。

 

同じサイズ(たとえば体重50㎏で、同じ身長の人が2人居たとして)
で比べたとき、 脂肪が多い人の方が、大きく見えます。

 

筋肉>脂肪だからです。

筋肉のほうが、脂肪より重いのです。

 

脂肪が多い人より、筋肉が多い人のほうが、

引きしまっているのに、重いのです。

 

骨がしっかりとしている、水分がたっぷり、
血液がたっぷりな人も重くなります。

 

運動をして、筋肉がつけば体重が重くなります。

でも、体は引き締まります。

 

体にとって必要なものが、しっかりとある人の方が

重いのです。

 

体重だけに囚われるのではなく、
中身のしっかりしたカラダ、

見た目が引き締まった体のほうが、良くないですか?

 

 

モデルのSHIHOは、

10代の頃は47㎏、20代で50㎏

40代の今は、55㎏だそうです。

 

ヨガなどのトレーニングの賜物ですね。

昔より「痩せた?」と聞かれることがあると言っていましたし、

今の自分が一番好きとも言っていましたよ。

 

体重よりも、ボディラインを見ているので
体重はあまり気にしていないそうです。

 

カロリー摂取は控えすぎない

今の日本人は、カロリーを気にしている人が多いので、

必要なカロリー摂取オーバーしている人は、少ないです。

 

女性は特に、必要なカロリー摂取を大幅に下回る人もいます。

 

 

カロリー摂取が大幅にオーバーしている人以外は、
カロリーの摂取を控えるのではなく、

 

中身のしっかりと詰まった、
それでいて 、すっきりとしたボディになるような食べ方が良いです。

 

 

まずは、朝、昼、夜と3食とる。

ごはん、汁もの、野菜、おかずと、

バランス良く食べる。

 

そして、体重を気にしすぎない。

どんなときに、体重が増減するのかを把握する。

 

ぜひ、意識してみてください。

健康美の関連記事
  • 草笛光子さんのチャーミングでオシャレ、妖艶な姿に魅了されました!
  • 食べないような無理なダイエットは髪の毛にも悪い…
  • 噛むことはダイエッにも効果的
  • 体重を気にするのを卒業する
  • 甘酒をダイエットのお供に
  • 「女性の骨盤底とホルモンの話し」~いつまでも若々しく美しく~
食のサポートのご案内

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江

<食情報や、雑穀キャンペーン情報の先行お知らせメルマガ登録フォーム>


必須 メールアドレス

【半角英数字】

 

必須 お名前
姓:名:

 

必須 フリガナ
セイ:メイ:

 

おすすめの記事
雑穀
アイコという、トマトが好きです。大地の会という所の会員で、そこで買うのですが、 美味しくて、3日くらいで食べてしまいました。 トマトが食べた...
食の意識改革
夜に、ご飯(米)食べていますか? ご飯等を減らしたりする、糖質制限が流行っている風潮から、 ご飯を食べることに、罪悪感を持つ方が多いです。 ...