• 食生活
    食を選ぶときのポイントは?ストイックになりすぎない♪
    2017年9月20日
  • 食の意識改革
    夜にお米を食べるのに、抵抗が…
    2017年9月28日
  • 食生活
    今の食生活で、お通じよい?体温高い??
    2017年9月27日
  • サポートメニュー
    【募集】冬の温めレッスン♪~温めて代謝アップスリム体質へ~
    2017年10月15日
  • 雑穀
    【五穀・花龍神】芽が出る雑穀は、生命力が高い♪
    2017年8月28日

女性は、筋肉が付きにくいから、
筋肉が衰えないように、したほうが良いとは聞くけど…

そして、40歳すぎたら、1%ずつ筋肉が減ると聞いた…

 

=============
私は、自分で毎日ウォーキング、家でDVD見て運動など、

続かないので(^^;

ヨガに通うことにしました^^

 

今日は、初ヨガでした。

以前にもジムのスタジオで受けたことはありましたが、

今回は、ヨガ専用のスタジオです。

 

普段よく歩くことはしますが、

今日は、普段使わない筋肉を使ったので、

もう筋肉痛です!

 

ヨガは、ゆっくりな動きなので、意外と汗もかくし、

筋肉使いますね。

 

そして、自分と向き合う時間も多く、

心が洗われる感じ(ですが、その時間なにか考え事していたような・・・。

無になってみたいものです!)

 

すごく心地よかったので、続けてみたいと思います。

 

筋肉は、40歳を過ぎると年1%ずつ減っていきます。

特に女性は、ロコモティブシンドロームや、サルコぺニアになりやすいです。

そうなると、骨折しやすかったり、高齢者では、それが引き金で

寝たきりになったり。

 

ロコモティブシンドローム (運動器症候群)とは?

筋肉や、骨、関節などの運動器が衰え、腰痛や膝痛など関節障害や要介護の
危険性が高まる状態をいう。


http://www.jcoa.gr.jp/locomo/teigi.html

ロコモティブシンドローム(日本臨床整形外科学会)

 

サルコぺニアとは?

加齢、疾患、運動不足、栄養不足などによって筋肉量が低下する

こと

https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/sarcopenia/about.html

サルコぺニアについて(公益財団法人 長寿科学振興財団)

 

加齢等による、筋肉量が減ることを言うんですね。

 

平均寿命が延びている日本。

しかし、健康寿命は、平均寿命より約10年ほど短いです。

 

将来健康、ハッピーに過ごすためにも、

脚、腰、鍛えておくことは、

若いうちから必要ってことですね。

 

無理に、何か運動を取り入れなくても良いとは思います。

 

普段の生活で、もっと歩いてみよう、

駅の階段を使ってみよう、

姿勢よくしてみよう、

拭き掃除をしよう等、

 

普段の生活に運動を取り入れると、続きやすいです。

 

もちろん、ヨガ等インナーマッスルを鍛える運動も良いですね。

 

思い立った時がやり時。

年を重ねたときの、機能低下予防の為というよりは、

 

今、しなやかな筋肉をつけておけば、
スタイル維持、キレイにも見えて一石二鳥です!

 

食事も、大切ですよ。

年を重ねると、イヤでも食が細くなりますから、

若い時から、食べる量を少なくしていると…
食べれなくなりますよ。

 

食を極端に減らすダイエットをする人が多いですが、

将来食べれなくるのでは?と思ってしまいます。

 

そして、カラダを作っているのは食べたものから。

しっかりと、必要な量を食べることは大切なんですね。

 

一番のエネルギーになる、炭水化物(米)をしっかり食べ、
細胞の材料になるタンパク質もしっかりと摂り、細胞膜の材料や、ホルモンの材料である

脂質も大切です。

 

運動、食事で筋肉を維持、そして筋肉を増やしていき、

やりたいことは、思う存分やれるおばあちゃんを目指していきたいですね。

健康の関連記事
  • カラダのプチ不調は、薬に頼る前に何が理由か考えて
  • 幸せホルモンを増やすには、しっかりと食べる♪
  • 幸せホルモン、セロトニンを増やす5つの方法
  • 女性に多い貧血予防のためにするべきこと
  • 体質だから仕方ないと、諦めていませんか?
  • 朝食を食べたほうが良い3つの理由とは?
おすすめの記事