認知症になりたくなければ、米を食べなさい♪

今日は、「認知症にならない生き方」のセミナーを受けてきました。

 

認知症って、わたし世代からするとまだまだ~って感じですが、

母親世代(65歳~)は、該当してくるなと思いました。

 

 

どうせなら、親にも認知症にならず、暮らしてほしいと思うばかりです。

 

認知症予防、3つの方法とは?

 

医学博士の宮本正一氏によると、

 

・ごはんと、味噌汁を軸としたシンプルな食事のススメ

ごはんと、味噌汁

米は、脳の栄養素であるブドウ糖が摂れる!

ビタミンB1(豚肉など)も必須

・脳エクササイズ

咀嚼をしっかりとする 音楽運動

・脳を休める時間を作る

 

脳って、たくさんのエネルギーが必要なんです。

約500kcalは消費します。

かなり使いますよね。

 

だから、しっかりとごはん食べないといけないことが

お分かりいただけたでしょうか?

 

ごはんに関しては、ごはんとみそ汁を基本とした、

日本型食生活を、普段は食べるということです。

 

(日本型食生活…昭和50年代のころの食生活のこと)

だけど毎回、この食事では飽きてしまうし、

つまらないですよね…。

 

外食も楽しみつつです♪好きなもの食べましょ~

 

日常の食事をシンプルにすることで、

たとえ、認知症になったとしても、

ごはんと、みそ汁のある食事が良かったんだ~って、

覚えているそうです。

 

こども時代のことは、しっかりと覚えているように、

長期記憶は、消えないのです。

 

認知症になりやすい人は、継続的なストレスを抱えている人

・がんこ過ぎる人

・例えば、職業はストレスのかかる校長先生や、看護師の婦長さんなどが

挙げられていました。

 

学校の先生で仕事を辞めたとたんに、認知症になった~なんて聞いたことあります。

 

ストレスを発散しながら、ほへ~っとする時間を作り、

ご飯は3食食べ、米は抜かない!

 

米抜きは、本当にいいこと無いですよ(^^;

 

合言葉、認知症になりたくなければ米抜くな!

これだけでも、覚えておいてくださいね。

 

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江

SNSでもご購読できます。