栄養豊富な玄米も、食べ方の工夫が必要です

米と聞いたら、どのようなイメージを

もちますか?

糖質制限が流行った背景から、太ると思っている人も

少なからずいます。

 

食のレッスンを行っていると、

ダイエットの為に、米を減らしています~って方が本当に多いです。
米は、日本人に合っている。

それは、むか~し、昔から食べていたものだから。

そして、昔の日本人は米をたくさん食べていたけど、

太っていたでしょうか?

 

米は一番、氣(エネルギー)になります。

しっかりと、ご飯を食べている人は、

元気で、エネルギーがみなぎっています。

 

しかし、今は精製された白米で食べることが多く、 それは、

体に大切な栄養素ビタミン、ミネラル等が少なくなっているのですね。

 

だから、健康に意識のある人、特に女性は

栄養価の高い玄米を食べる人が多いです。

玄米の食卓

 

玄米、ゴマ、ナッツ等・・・。実や種子はエネルギーがたっぷり栄養満点。

しかし、栄養価が高いのですが、消化吸収が悪いです。

 

なので、自分の力だけでは、消化しきれな部分があります。

特に、日本人は胃腸の弱い人が多いし…。

 

だから、玄米は酵素玄米にしたり、ぶつき米にしたり、

玄米を食べるなら、よ~く噛んだり、

ゴマもすりごまにしたり、 消化吸収しやすいように、工夫することが大切です。

 

せっかく良いものを取っていても、栄養をちゃんと消化吸収していなかったら、

もったいないですよね。

 

まとめ

玄米は、栄養価は高いです。

しかし、消化吸収は悪い。

食べるなら、よ~く噛む。

玄米ではなく、分搗き米にしてみる。(7分搗き、5分搗きなど)

雑穀にも、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富なので雑穀米にする。

など、工夫して食べることをおススメします。

 

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江

SNSでもご購読できます。