• 雑穀
    雑穀ごはんを食べたい!でも家族が食べない時の炊き分け方法は?
    2017年5月25日
  • 食の意識改革
    糖質制限をしたり、お米が太ると思っている人へ届けます
    2018年1月22日
  • 食の意識改革
    夜にお米を食べるのに、抵抗が…
    2017年9月28日
  • 食生活
    今の食生活で、お通じよい?体温高い??
    2017年9月27日
  • 10日間プログラム
    お米を食べなかった私が、ご飯ダイエットでお腹痩せマイナス7cm
    2018年3月29日

ダイエットするときに、体重が増えた、減ったにこだわってしまいがちですが、そこにこだわっていると大きな落とし穴にはまることがあります。

同じ体重だとしても、太ってみえたり、スリムに見えたりという違いがあるのです。なぜでしょう?

 

それは、筋肉と脂肪の重さには違いがあるためです。

同じサイズで比べたとき、筋肉>脂肪となります。筋肉のほうが、脂肪より重いのです。つまり、筋肉が多い人のほうが、引きしまっているのに、体重は重いということになります。骨がしっかりとしている人も重くなります。

 

ですから、ただ体重だけに囚われるのではなく、その中身がどうなのか(体組成)に注意することが大事です。見た目はすっきりなしっかりしたカラダのほうが良くないですか?そういう意味で、カロリー摂取が大幅にオーバーしている人以外は、カロリーの摂取を控えるのはお勧めできません。

同じ2キロでも量はこんなに違う

 

食事の話しを聞いていると、とても頑張っているんだけど、ストイックすぎて反対に大変になっている人もいます。夜ご飯をあえて食べないこともあり、食べる時はその反動で食べすぎてしまったり、どったんばったんしているようです。体調も悪くなってしまって・・・。食事を食べないイコール、痩せるという先入観があるために、ストイックに食事を制限してしまう。

 

あるいは、太りたくない!ということで、カロリーだけを気にして、バランスの悪い食生活をしている人も・・・

お菓子多く食べたから、ごはんは食べなくて、いいか~!

夜遅くに食べたから、お腹空かないし、朝食はいいか~!

そんな生活を続けていると、栄養素が足りなくなり、疲れやすくなったり、体調が優れなくなります。女性ならホルモンバランスが崩れて生理が止まってしまったり、筋肉が落ちてしまったり、冷えを感じたり、肌、髪の毛などにも影響がでます。

要は、食べたものが、今の自分を作っているのだから、栄養素が足りないと、いろいろなところに影響を及ぼすのは、考えてみれば当たり前ですよね。

 

サルコペニアって言葉聞いたことありますか?加齢に伴い骨格筋、筋肉が減少していくこと。40歳を過ぎると年1%ずつ筋肉が減っていくそうです。

 

食事制限、カロリー制限は、筋肉から落ちてしまうので、脂肪ではなく、筋肉が減少してしまいます。加齢で筋肉は減っていっているのに、筋肉を減らす行為を、良かれと思ってしていることになります。体重が減ったとしても、大切な筋肉が減ってしまっては、元気に過ごしていくとこ・・・出来ないですよね。

 

食べないことで、体重は落ちるかもしれません。しかし、元気がなくなってしまったり、ホルモンバランスが崩れてしまったりしてしまっては、健康的になったとは言えません。

 

何が大切なのか?

何のためにその行動を起こしているのか?

情報が溢れかえっているなか、しっかりと自分で取捨選択できる目を養っていきましょうね。

食の意識改革の関連記事
  • 「これ食べて良いのかな??」頭で考えて食べてしまいがちな方へ
  • 「痩せたいのよね〜」と万年言っている人の傾向は??
  • 部屋も、心も、食も断捨離をしてから❢
  • 食べ方を変えたら、ライフスタイルが好転しはじめた
  • 女性はいくつになってもスタイルを保って、オシャレを楽しみたいもの❢
  • 簡単に資格が取れるからこそ、見極める力が必要だな〜って感じます❢
食のサポートのご案内

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江

<食情報や、雑穀キャンペーン情報の先行お知らせメルマガ登録フォーム>


必須 メールアドレス

【半角英数字】

 

必須 お名前
姓:名:

 

必須 フリガナ
セイ:メイ:

 

おすすめの記事
健康美
紫外線が多くなる季節。 髪の毛も、労わってあげることが大切ですね。 頭皮マッサージは、たくさんの嬉しい効果があるそうです。 ...