日本の良きものを、継承していくためには!わたしたちの力が必要

わたしの食事に切っても切り離せない雑穀。
雑穀という、ネーミングがなんとも切ないです。

雑って…。美穀でしょ~って思いますが。

 

オリジナルブレンド雑穀を作って知ったことは…

 

日本古来から、食べられている雑穀。

今、栄養価が高いことから

大麦やもち麦、そばの実など注目されていますよね。

 

わたしの毎日の食事にかかせないアイテム。

白米だけでは、物足りなくて(^^;

たまになら良いのですがね。

 

もう、雑穀はずっとずっと食べていくもの。

 

だから、自分でオリジナルのブレンド雑穀を作りたいという気持ちに

なりました。

 

 

前回の記事

自分の想いを伝え続け行動した先には…

 

毎日食べるものだから、

自分の目で見て、納得して作ったものを食べたかったし、

子供にも食べさせたかった。

 

もちろん、美味しいものを^^

 

そして、家族、身近な人にも。

 

オリジナルの雑穀を作ってみて、

気づいたこと。

 

日本の、雑穀の生産者さんが少ない。

高齢化で、やめる人もいる現実なんです。

 

今、雑穀の自給率って、9%ほど。

ただでさえ、少ないのに(^^;

 

そして、国産の中でも、

保存方法の徹底管理、

手で、袋詰め、

酸素が通らない袋に入れ、酸化を防止、

粒が割れていないで、とっても綺麗、

 

とこだわりは、まだまだあるのですが、

そうやってこだわっている所となると、

とても少なくなるのが、現実なんです。

 

こだわって作っている所は、大量に生産は出来ないし、

値段も少し高くなる。

 

こだわりが強いので、機械で出来るところをあえて

手作業でやる。それは、品質保持や美味しさに結びつくと

分かっているからなのですが。

 

大量に生産機会化、海外のものも使う等すれば、コストが抑えられるから、

買う方は嬉しいかもだけど…。

 

そうやって、値段が安い方へ向かうことで、
日本の良きものが少なくなっているのも、事実ですよね。

 

どうやって作っているのか、

どんな想いで作っているのか、

どんなものを使っているのかまで、

見極めて買う人って、稀。

 

だったら、同じく見えるものなら、

安い方が良いなと思うもの、わかります。

 

でも、栄養たっぷりなものを食べると、

体が満足するので、

必要以上に、食べ物を欲っすることも少なくなるので、

実は、経済的だったりもするのですがね。

 

雑穀が、日本人に絶対に必要なものという存在になり、

需要が多くなれば、

若い生産者さんも多くなるだろうし、

良いものを、もっともっと提供できるのになと思うばかりです。

 

とにかく、家族、友達、わたしの周りの人たち、

わたしのお客様たち、身近な人にだけでも、

良きものを、どんどんお伝えしていきたいと

思います。

 

それが、少しずつ広がって日本人になくてはならないものに

なったなら、この上なく嬉しいです。

 

今は、地道に良きものを伝え続けていくことに

邁進していきます!

 

しっかり食べてダイエット
管理栄養士・佐野雪江

SNSでもご購読できます。